2010年

8月

23日

Adobe Web Premium CS5 のインストールに苦労したよ、という話

普通に買ったら¥20万以上する Adobe® Creative Suite® 5 Web Premium (以下、CS5)を職場で支給されて躍り上がったのも束の間、インストールして使うまでには大変な苦労が待っていたのでした。。。まあ、僕の環境が特殊だった、というオチもあるのですが、もしかしたら誰かの役に立つかもしれないので、使用できるようになるまでの顛末を記しておこうと思います。(ちなみに Windows 版の話です)

インストールができるまで

CS5は今はやりのクラウドとかいう雲をつかむような存在ではなく純然たるソフトウェアプロダクト(の集り)ですので、まずインストールしないことには始まりません。しかし、そこに一つ目の山が。

インストールメディア(DVD)を入れてインストール開始!したのですが、なんとインストーラーの起動中にコケる。

 

しかも「インストーラーの初期化に失敗しました」とかいう味もそっけもないエラーメッセージ。

 

あのねえ、失敗したのなんて見たら分かるんだから、原因と対策を示していただけませんかねえアドビさん。まあ対策は無理でも、もうちょっとエラーの詳細見せてくれてもいいんじゃないでしょうか。

とはいえ、これは比較的よくある症状のようで、ググったら一発で出てきました。

 

Adobe TechNote: CS5 インストール時にエラー「インストーラーの初期化に失敗しました」が発生する(Creative Suite 5) - http://kb2.adobe.com/jp/cps/861/cpsid_86155.html

 

これを参考に、DVDをローカルディスクにコピーして(!)インストーラーを起動したら、すんなり動いて滞りなくインストール完了。めでたし、めでたし・・・というわけにはいきませんでした(-_-

 

Web Premium には10個くらいのアプリが付いているのですが、なんとその大半が起動すらしません。。。

CS5 がみんな仲良く起動できるまで

ちなみに、ここから先の話は、僕のPC環境が特殊だったことに原因があるかもしれません。というのも、同じようにCS5をインストールした職場の同僚たちは問題なく起動できてましたので。(インストーラーがコケるのには見事にハマってましたが)

 

なのですが、そういう特殊性も手伝ってか、なかなか解決策が見付からず、二週間ほど七転八倒しましたので、万が一、同じ轍を踏んでしまった人のために脱出方法を遺しておくのもあながち無駄ではないでしょう。

症状

まずは僕が遭遇した症状を書いておきます。全然症状が違う方は、おそらく原因も違うと思われるので、他を当たって下さい(冷たい^^;;)。

 

  • 起動したアプリ
    • Bridge CS5
    • Fireworks CS5
    • Illustrator CS5
  • スプラッシュ(起動中に出るカッコイイやつ)は出るけど起動しないアプリ
    • Dreamweaver CS5
    • Flash Professional CS5 (←この子は一瞬だけウィンドウが立ち上がるんだけど落ちる)
    • Photoshop CS5
  • スプラッシュすら出ないけどログを吐くアプリ
    • Flash Builder 4
    • Flash Catalyst CS5
  • ウンともスンとも言わないアプリ
    • Device Central CS5
    • etc.

 

こんな感じ。

 

やったこと

当然、最初にやることと言えばGoogle検索。出てきた対策方法は、余計なサービスを止める、余計なフォントを削除する、新しいアカウントで試す、再インストールする、といったものでしたが、どれも効かず(何度、再インストールしたことか!)。

次にやったのはログの調査。Flash Builder と Flash Catalyst は、中の人が Eclipse なので、死に際にダイイングメッセージ(Java のエラーダンプ)を残します。

 

ダンプは全部載せるととても長いのですが、重要な所は初めの方にある以下と見た。

# JRE version: 6.0_16-b01
# Java VM: Java HotSpot(TM) Client VM (14.2-b01 mixed mode windows-x86 )
# Problematic frame:
# C  [BridgeTalk.dll+0x1458c]

BridgeTalk.dll とかいう Native の(Java でなくて C かなんかで作られてる)ライブラリがコケてるようです。

BridgeTalk ってなんだろなと思ってググってみると、どうも Adobe製アプリたちの間で通信するための橋渡しの役目をするらしい。そのまんまじゃないか。

 

そんなわけで BridgeTalk に目星を付けて色々調べてみたのですが、やっぱり解決策は見付からない。そもそもあまり不具合の情報がありませんでした。

結末はある日、突然に

それから二週間ほどは、Webに載ってる方法を片っぱしから試してみました。(ただし職場PCなので職務に支障が出ない程度に・・・)

 

しかし、どれもこれもうまく行かず、いよいよ途方に暮れかけていたある日のことです。

 

何時ものようにいらないサービスを止めたり動かしたりしているうちに、ふと見慣れないサービスがいることに気付きました。

 

Switchboard

 

怪しい奴、と思って調べてみると、これがAdobeの手先。しかも自動起動になってるのに停止してるので、起動に失敗していると思われる。

 

さらに追及すると BridgeTalk との関係も割れ始めました。どうやら、AIR アプリ用の BridgeTalk インターフェースな位置付けっぽい(適当)。

そして Switchboard のエラー関係でググってみると・・・ついに発見!

 

Adobe TechNote: Error "Waiting for Bridge CS5" and no content is displayed when you browse in Mini Bridge (Windows) - http://kb2.adobe.com/cps/830/cpsid_83045.html

 

これの Solution 3 がビンゴでした(試すときは自己の責任で!)。・・・分かるか!こんなの

しかしまあ、ここまで何度も苦渋を舐めてきているので、にわかには喜べません。

 

恐る恐る、一つずつアプリを起動してみると・・・

 

なんともアッサリと全部起動してくれました^^;;

 

はぁ・・・やれやれ。